Word VBA質問箱 IV

当質問箱は、有志のボランティア精神のおかげで成り立っています。
問題が解決したら、必ずお礼をしましょうね。
本サイトの基本方針をまとめました。こちら をご一読ください。

投稿種別の選択が必要です。ご注意ください。
迷惑投稿防止のため、URLの入力を制限しています。ご了承ください。


10 / 288 ツリー ←次へ | 前へ→

【9】WORDマクロの解説本について教えてください FIN 02/11/13(水) 16:57 質問[未読]

【59】Re:WORDマクロの解説本について教えてください... H. C. Shinopy 03/6/6(金) 22:38 回答[未読]
【300】Re:WORDマクロの解説本について教えてくだ... H. C. Shinopy 05/4/29(金) 23:02 回答[未読]
【415】Re:WORDマクロの解説本について教えてくだ... H. C. Shinopy 06/4/2(日) 20:34 回答[未読]
【416】Re:WORDマクロの解説本 追加情報 H. C. Shinopy 06/4/2(日) 20:37 回答[未読]
【417】Re:WORDマクロの解説本 洋書ですが Kei 06/4/5(水) 16:37 回答[未読]
【649】Re:WORDマクロの解説本 追加情報 H. C. Shinopy 09/8/26(水) 21:59 回答[未読]
【702】Re:WORDマクロの解説本 追加情報 H. C. Shinopy 10/7/12(月) 20:09 回答[未読]
【727】Re:WORDマクロの解説本 追加情報 12/8/9(木) 23:04 発言[未読]
【795】Re:WORDマクロの解説本 追加情報 H. C. Shinopy 13/9/20(金) 20:40 発言[未読]

【59】Re:WORDマクロの解説本について教えてくださ...
回答  H. C. Shinopy  - 03/6/6(金) 22:38 -

引用なし
パスワード
   西上原裕明 著「Wordで実践! 編集レイアウトの基本と本格テクニック」
 技術評論社 価格2780円+税
 (第11章 Wordマクロ超入門 文字列検索、オートシェイプのコピーの記事)

[以上]

【300】Re:WORDマクロの解説本について教えてくだ...
回答  H. C. Shinopy  - 05/4/29(金) 23:02 -

引用なし
パスワード
   井川はるき・池谷京子「Excel VBAによるOffice連携プログラミング」
 秀和システム 税別2500円
(「Chapter 2 Excel-Word連携プログラミング」 
 ExcelからWordを起動するなど、19項目)

【415】Re:WORDマクロの解説本について教えてくだ...
回答  H. C. Shinopy  - 06/4/2(日) 20:34 -

引用なし
パスワード
   佐野 昴成(プロジェクトA) 「オフィスの達人5 VBA活用術」
毎日コミュニケーションズ 2200円+税
(Excel・Word・Access・PowerPoint・Outlookの各マクロ)
2005年4月11日発行


Andrew Savikas 「Word Hacks プロが教える文書活用テクニック」
オライリー・ジャパン 2400円+税
(「5章 マクロ」 他章にもマクロ多数)
2005年7月23日発行

【416】Re:WORDマクロの解説本 追加情報
回答  H. C. Shinopy  - 06/4/2(日) 20:37 -

引用なし
パスワード
   西上原 裕明 「Wordで実践 やさしくて役に立つ『マクロ』事例集」
技術評論社 2480円+税
2006年3月10日発行

【417】Re:WORDマクロの解説本 洋書ですが
回答  Kei  - 06/4/5(水) 16:37 -

引用なし
パスワード
   Writing Word Macros, Second Edition
By Steven Roman, Ph.D.
という本を愛用しています。

日本Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1565927257/qid%3D1134645703/250-9523428-5472247
出版元
http://www.oreilly.com/catalog/writewordmacro/index.html
この本を使っています。
Office2000ベースになっており、適度なサンプルコードでVBA体系的に網羅していますが、実戦になるとやや物足りないものがあります。
入門〜中級で英語にアレルギーがない方におすすめです。

【649】Re:WORDマクロの解説本 追加情報
回答  H. C. Shinopy  - 09/8/26(水) 21:59 -

引用なし
パスワード
   「Word スキルアップコレクション Word Skill Up Collection」
著者:坪崎 誠司
出版社:プレスティージ(Prestige)
発売日:2009年8月24日
定価:1890円

目次から
41 Word でVBA マクロを使う
42 Word VBA を使って、ドキュメント中の選択した文字列を調べる、処理する
43 Word VBA を使って、ドキュメント中の選択した数字の合計を計算させる
44 Word VBA を使って、ドキュメント中の括弧対応を調べる
45 Word VBA を使って、「ファイル選択ダイアログ」を起動する
46 Word VBA を使って、複数ファイルの各ページ数を調べる
47 Word VBA を使って、複数ファイルの個人情報を削除する
48 Word VBA を使って、Word の右クリックメニューに自作マクロを追加する
49 Word VBA を使って、Word の右クリックメニューにサブメニューを作成する
50 Word を起動すると同時にマクロを実行する

【702】Re:WORDマクロの解説本 追加情報
回答  H. C. Shinopy  - 10/7/12(月) 20:09 -

引用なし
パスワード
   西上原 裕明:著『作って簡単・超便利! Wordのマクロ実践サンプル集』

技術評論社:刊
2010年8月5日発行(既に店頭販売中)。
Word 2010/2007/2003/2002対応。
1880円+税

Part1 「記録マクロ」を使ってみよう
1-1 操作の内容を「記録」してみよう
 マクロの記録を開始する
 記録したい操作を実行する
 マクロの記録を終了する
1-2 記録したマクロを実行してみよう
 記録した操作を取り消し,マクロで実行してみる
1-3 記録したマクロの中身を見てみよう
 Visual Basic Editorで記録マクロの中身を確かめる

Part2 VB Editorを使ってみよう
2-1 VB Editorを使ってみよう
 WordとVB Editor間の行き来はショートカットキーが便利
 マクロ活用には[開発]タブが便利(2007/2010)
 VB Editorはこうなっている
 最初にやっておきたいオプション設定
2-2 知っておきたいマクロの書き方
 マクロの記入場所を作る
 マクロ名の決まりごと
 何でも書ける「注釈記号」
 長い行は「継続行」で折り返す
 複雑な構造はインデントと行空けでわかりやすく
2-3 知っておきたいマクロの基礎知識
 処理の対象は「オブジェクト」
 オブジェクトの要素を表す「プロパティ」
 オブジェクトを処理する「メソッド」
 コードをわかりやすくする「組み込み定数」
 「オブジェクトブラウザ」を使ってみる
 マクロの処理を楽にする「変数」
 同じ処理を繰り返す「For〜Next」文
 同種のオブジェクトの処理に便利な「For Each In〜Next」文
 繰り返しを柔軟に処理できる「Do〜Loop」文
 条件によって処理を変える「If」文
 状態によって処理を選択する「Select Case」文
 ループを途中で抜け出す「Exit For」「Exit Do」「End」
 記述の負担を減らし,速度を向上させる「With文」
 決まったデータに名前を付けて利用する「Const」
2-4 簡単なマクロを作り,テストしてみよう
 短いマクロを入力してみる-1
 短いマクロを入力してみる-2
 VB Editorからマクロを実行する
 VB Editorでマクロの動作を1行ずつ確かめる
 「ブレークポイント」を活用する
 「ローカルウィンドウ」を活用する
 「ウォッチウィンドウ」を活用する
 「イミディエイトウィンドウ」を活用する
 よくありがちな記述ミス
 それでも起こるエラーへの対処
 マクロが止まらない!?〜急ブレーキのかけ方
2-5 マクロの「ヘルプ」を活用しよう
 VB Editorのヘルプを呼び出す
 マクロの中身からヘルプを逆引きする
 組み込み定数を調べる

Part3 マクロ用のテンプレートを作って活用しよう
3-1 マクロ用のテンプレートを用意する
 テンプレートを既定の場所に保存する
 【コラム】テンプレート間で[標準]モジュールをコピーする
 Wordのセキュリティ設定を確かめる
 テンプレートを「アドイン」する
3-2 アドインテンプレートのマクロを使う
 マクロを一覧から実行する
 マクロにショートカットキーを割り当てる
 マクロにボタンを割り当てる(2002/2003)
 マクロをクイックアクセスツールバーで使う(2007/2010)
 【コラム】テンプレートのプロジェクト名を短くする
 Wordにタブとボタンを登録する(2010)
3-3 独自のタブとボタンを作る(2007/2010)
 テンプレートにタブを作り,マクロをボタン化する手順
 ボタンに応答するマクロを作る
 「customUI」フォルダと「customUI.xml」ファイルを作る
 「customUI」フォルダをテンプレートに組み込む
 「customUI」ファイルを参照するしかけを作る

Part4 簡単マクロ事例集
文字処理
 カーソル位置から行末まで削徐する
 蛍光ペンの色を「白色」に置換する
 下線の語句だけ別文書に書き出す
 【コラム】SelectionとRange
 半角のカタカナを全角に変換する
 英字,数字を半角に変換する
 英大文字の略号だけを全角に変換する
 アラビア数字を漢数字に変換する
 数字を桁区切りカンマ形式にする
 小数点以下を四捨五入する
 2桁の数字だけ縦中横文字に置換する
 【 】で囲まれた文字を割注に変換する
 割注をまとめて解除し【】で囲む
段落処理
 空白行をまとめて削除する
 スペースを字下げインデントに変える
 指定文字数で折り返す
 【コラム】InputBoxとMsgBox
 強制改行を解除して段落をまとめる
 ドロップキャップを一括設定・解除する
 番号付き段落を見出しスタイルにする
ページ書式
 ページサイズをB4,A4,B5に変える
 【コラム】2つの変数の中身を入れ替える
 文書の基本行数を増減する
 文書の1行の基本文字数を増減する
 指定行数の便箋を作る
 すべての段組みの書式を統一する
表編集
 すべての表の負の値だけ書式を変える
 段落間の表の前に番号を一括挿入する
 表の行と列を転置する
 【コラム】複数のデータをひとつの変数で処理する(配列変数)
表書式
 表の行を斜めに揃える
 すべての表の数字セルを右揃えにする
 すべての表の書式を統一する
 文書中の表の位置を揃える
 すべての表幅を3種類に統一する
 表にスタイルを一括設定する
図編集
 アンカーのロックを切り替える
 すべての行内配置図版に番号を付ける
 図を10%ずつ拡大・縮小する
 章見出しを一気にワードアート化する
 描画キャンバスの図をグループ化する
 描画キャンバスのグループ解除
 選択した図を縦横に整列
 描画キャンバスの図を整列(2007/2010)
 描画キャンバスの書式統一(2007以前)
 テキストボックスの設定を調整する
 行内配置写真の書式統一(2007/2010)
 複数の写真を別段落に分けて挿入する
 写真の幅と高さをまとめて調整する
画面表示
 Wordウインドウを定位置に表示する
 隠し文字だけ表示を切り換える
 決まった寸法でグリッドを表示する
環境設定
 文書の文字色でプリンタを切り替える
 アドインテンプレートをオン・オフする
 「既定のフォルダ」を切り替える

[End]

【727】Re:WORDマクロの解説本 追加情報
発言    - 12/8/9(木) 23:04 -

引用なし
パスワード
   Michael Halvorson , Chris Kinata 著
「Microsoft Word97・Visual Basicステップバイステップ」
アスキー 1997年9月発行 価格3,200円+税


マクロの記録から始まって、わずか300ページほどで
ファイルとフォルダの操作、VBEの操作、OLEオートメーションまで学習。
アプリケーションレベルのイベントもあり。

いまどきの解説本のような かんで含める親切な文体ではないが、内容は充実。
かなり古い本とはいえ、初級レベルをクリアしたひとには一読の価値があるかと。


【795】Re:WORDマクロの解説本 追加情報
発言  H. C. Shinopy  - 13/9/20(金) 20:40 -

引用なし
パスワード
   土屋和人『最速攻略 Wordマクロ/VBA徹底入門 〔Word2013/2010/2007対応版〕 』

大型本: 320ページ
出版社: 技術評論社
言語 日本語
ISBN-10: 4774159441
ISBN-13: 978-4774159447
発売日: 2013/9/20

htt p://gihyo.jp/book/2013/978-4-7741-5944-7#toc

目次
第1章 Word VBAとは
1-01 Wordの基礎知識
1-02 Wordの作業を効率化する
1-03 マクロとVBA
1-04 VBAを利用するための準備
1-05 新しいマクロを記録する
1-06 マクロを実行する
1-07 マクロを含む文書を保存する
1-08 マクロを含む文書を開く
1-09 マクロを実行するその他の方法

第2章 Visual Basic Editorの基本操作
2-01 Visual Basic Editorを利用する
2-02 マクロのプログラムを編集する
2-03 マクロのプログラムを新規作成する

第3章 VBAプログラミングの基礎知識
3-01 VBAの記述ルールを理解する
3-02 コードの動作をテストする
3-03 関数を利用する
3-04 VBAのオブジェクトを理解する
3-05 データに名前を付けて操作する
3-06 条件に応じて異なる処理を実行する
3-07 同じ処理を繰り返し実行する
3-08 同一オブジェクトへの操作をまとめる

第4章 文書の作成
4-01 文書作成の一連の手順を実行する
4-02 新規文書を作成する
4-03 文章を入力する
4-04 文書を保存する
4-05 文書を印刷する
4-06 文書の作業を終了する

第5章 文書の編集
5-01 文書を開く
5-02 特定の位置に文章を挿入する
5-03 段落記号を挿入する
5-04 文字列を単語・文単位で編集する
5-05 操作対象の位置を変更する
5-06 文書の一部を削除する
5-07 文字列をコピー・移動する
5-08 フォントの設定を変更する
5-09 フォントの色を変更する
5-10 単語にルビを設定する
5-11 文字を線で囲む
5-12 段落の配置を設定する
5-13 行間を設定する
5-14 インデントを設定する
5-15 スタイルを設定する
5-16 書式オブジェクトを流用する

第6章 一括処理のための基本マクロ
6-01 文字列を検索する
6-02 文字列を置換する
6-03 パターンで検索する
6-04 パターンで置換する
6-05 文字種を変更する
6-06 コメントを一括で変更する
6-07 図形を一括で操作する
6-08 複数の文書を一括で操作する

第7章 文書を設計・管理するマクロ
7-01 用紙サイズを変更する
7-02 1ページの行数を変更する
7-03 ヘッダー・フッターを設定する
7-04 表を使ってレイアウトする
7-05 ページ罫線を設定する
7-06 文書全体のイメージを変更する
7-07 脚注を設定する
7-08 目次を作成する
7-09 索引を作成する
7-10 変更履歴を記録する

第8章 テンプレートの活用
8-01 Normalテンプレートの役割
8-02 自動実行マクロを利用する
8-03 テンプレートとして保存する
8-04 テンプレートから文書を作成する
8-05 テンプレートをアドインとして利用する

第9章 その他の上級テクニック
9-01 コマンドマクロを利用する
9-02 文書のイベントを利用する
9-03 アプリケーションのイベントを利用する
9-04 外部のオブジェクトを操作する

第10章 論文・レポートで便利なマクロ
10-01 論文・レポートのテンプレートを作成する
10-02 英数字を半角に変換する
10-03 パターンに応じてスタイルを適用する
10-04 複数の語句を連続して置換する
10-05 西暦年と和暦年を変換する
10-06 表の数値を一括で修正する
10-07 本文中の注釈を脚注に変更する
10-08 目次中の番号のみ書式を変更する

第11章 小説・エッセイで便利なマクロ
11-01 小説・エッセイのテンプレートを作成する
11-02 文字を縦書き用に変換する
11-03 2桁の数字を縦中横にする
11-04 数字を漢数字に変換する
11-05 ルビを一括で設定する
11-06 すべての画像の色調を変更する

第12章 カタログで便利なマクロ
12-01 カタログのテンプレートを作成する
12-02 単位の数字を上付きにする
12-03 各行の見出し部分を均等に割り付ける
12-04 ファイル名を画像に置き換える
12-05 連続番号の画像を一括で挿入する
12-06 文字列の折り返しを一括で変更する
12-07 サイズとトリミングを一括で設定する
12-08 カタログの製品紹介欄を追加する

[End]

10 / 288 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
193307
(SS)C-BOARD v3.8 is Free