目安箱 IV

目安箱投稿のルールはこちらをごらんください。
ご意見は電子メールで承っています。
「目安箱」は質問禁止です。技術的な質問はそれぞれの質問箱へどうぞ。

迷惑投稿防止のため、URLの入力を制限しています。ご了承ください。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
107 / 107 ツリー ←次へ

【4】アドインファイルにてツールバーを表示するには、[ソフト紹介] ぴかる 02/9/2(月) 20:42 Excel[未読]

【16】小ワザ集 ぴかる 02/9/2(月) 21:23 Excel[未読]
【17】つづき ぴかる 02/9/2(月) 21:25 Excel[未読]
【18】つづきのつづき ぴかる 02/9/2(月) 21:25 Excel[未読]

【16】小ワザ集
Excel  ぴかる  - 02/9/2(月) 21:23 -

引用なし
パスワード
   Sub 小技コピー貼り付け()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 コピー・貼り付けをうまく活用するには 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 値の貼り付け 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  数式部の数値(答え)のみを貼り付けたい時に使用します。" & vbLf & _
             "  書式を変えずに値だけを貼り付けたい時にも使用します。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 書式の貼り付け 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  コピー部の書式(フォント・罫線等)のみの貼り付け機能です。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 隣接セルへのコピー(オートフィル) 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 2} [ 操作方法 ]{cf 0}" & vbLf & _
             "  1.コピーしたい部分を選択する。" & vbLf & _
             "  2.セルの右下にマウスを合わせ、{cf 249}黒十字{cf 0}を表示させる。" & vbLf & _
             "  3.左クリックしながら、コピー方向へ移動する。" & vbLf & _
             "  4.終了位置で、左クリックを解除する。" & vbLf & _
             "     ・左クリック … そのままコピー(文字列に数値があると数値UPします)" & vbLf & _
             "     ・右クリック … 選択してコピー"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 数値の連続(UP)コピー 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  上記2.の操作と{cf 249}[Ctrl]{cf 0}キーONにて、{cf 249}+ {cf 0}も表示させる。" & vbLf & _
             "  以降、3.4.の操作を行う。"
    .Labels(5).Text = "{cf 252}【 セルの移動 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 2} [ 操作方法 ]{cf 0}" & vbLf & _
             "  1.移動したい部分を選択する。" & vbLf & _
             "  2.セルの下にマウスを合わせ、{cf 249}白矢印{cf 0}を表示させる。" & vbLf & _
             "  3.左クリックしながら、移動させる。" & vbLf & _
             "  4.移動位置で、左クリックを解除する。" & vbLf & _
             "     ・左クリック … 移動" & vbLf & _
             "     ・右クリック … 各種選択" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}非常に便利な機能です。操作時間短縮になりますよ!"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技文字表示()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 1セル内に文字列を収める方法 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 自動縮小 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  セルの書式設定→配置→縮小して全体を表示にチェックを入れる。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 セル内で文字列を折り返す 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  ・セルの書式設定→配置→折り返して全体を表示にチェックを入れる。" & vbLf & _
             "  ・任意の位置で折り返す場合は、その位置で{cf 249}[Alt][Enter]キー{cf 0}を" & vbLf & _
             "   同時に押す。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 適正の列幅にするには 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 0} 列表示部の右境界線にてダブルクリックを行う。" & vbLf & _
             "  (最長文字列セルに合わせた列幅となります。)"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 文字位置 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 0} ・インテンド(左空白)を使用すると見栄えがよくなります。" & vbLf & _
             " ・数字の場合は、表示形式を数値すると右に空白が出来ます。"
    .Labels(5).Text = "{cf 252}【 セル内の文字列を文字別にフォント設定するには? 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  左クリックでの文字範囲選択にてフォント設定が可能となります。"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技表示形式()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 表示形式をうまく活用するには? 》{ul 0}   "
    .Text = String(40, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 2}[書式]→[セル]→[表示形式]の活用"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 数値 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  データセルを数値にするだけで、若干{cf 249}右に空白{cf 0}が出来ます。" & vbLf & _
             "  見栄えにこだわる方にお勧めです。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 日付 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  沢山の中から、好みの形式に選択出来ます。" & vbLf & _
             "  ユーザー定義にて更に設定可能です。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 ユーザー定義 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 2} [曜日を付ける]" & vbLf & _
             "{cf 0}  aaaa-火曜日 aaa-火" & vbLf & _
             "  dddd-Tuesday ddd-Tue" & vbLf & _
             "  例) 7/31(水)と表示するには、m/d""(""aaa"")""と入力する。" & vbLf & _
             "{cf 2} [数値単位をつける]" & vbLf & _
             "{cf 0}  0""台"" 0""個"" と入力でOK。" & vbLf & _
             "  文字列の場合は、@を使用します。"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技シフトコントロール()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 [Shift][Ctrl]キーをうまく活用するには 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 範囲選択 】{cf 0}" & vbLf & _
             "{cf 2}  {ul 1}[ Shift ]キー{cf 0}{ul 0}" & vbLf & _
             "   まず、始点をクリックして{cf 249}[Shift]{cf 0}キーを押しながら終点をクリックするとその" & vbLf & _
             "   囲った範囲が選択されます。" & vbLf & _
             "{cf 2}  {ul 1}[ Ctrl ]キー{cf 0}{ul 0}" & vbLf & _
             "  {cf 249}[Ctrl]{cf 0}キーを押しながらをクリックしていくと、トビトビで範囲選択が行えます。" & vbLf & _
             "{cf 2}  {ul 1}[ データベース範囲の選択 ]{cf 0}{ul 0}" & vbLf & _
             "   データベースの1セルをクリックして、{cf 249}[Shift][Ctrl][*]{cf 0}キーを同時に押すと" & vbLf & _
             "   データベース範囲が選択されます。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 エクスプローラのファイル選択も同じ 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  {cf 249}[Shift][Ctrl]{cf 0}キーで上記と同じやり方でファイル選択出来ます。" & vbLf & _
             "  ファイル名の少し右から、左クリックにてファイルを囲っても出来ます。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 データの各端への移動 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  {cf 249}[Ctrl][矢印]{cf 0}キー同時ONにて端セルに移動します。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 選択範囲の同時入力 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  範囲選択後、入力時{cf 249}[Ctrl][Enter]{cf 0}キーを同時ONにて可能です。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}ショートカットキーは他にも多々あります。興味のある方は調べてみて下さい。"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技関数()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 ちょっとした関数テクニック 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 ""$""をうまく使う 】" & vbLf & _
             "{cf 2} [""$""って(相対と絶対)?]" & vbLf & _
             "{cf 0}  相対…B1セル""=A1""をB2セルにコピーすると""=A2""となります。" & vbLf & _
             "      つまり、行・列に対応した参照となります。" & vbLf & _
             "  絶対…C1セル""=$A$1*B1""をC2セルにコピーすると""=$A$1*B2""となります。" & vbLf & _
             "      つまり、{cf 249}${cf 0}を付けた部分が{cf 249}固定{cf 0}となります。" & vbLf & _
             "      左の{cf 249}${cf 0}が列用、右の{cf 249}${cf 0}が行用です。" & vbLf & _
             "{cf 2} [""$""を簡単に入力には?]" & vbLf & _
             "  {cf 249}(F4){cf 0}を押していくと{cf 249}${cf 0}位置が切替っていきます。" & vbLf & _
             "{cf 2} [まとめ]" & vbLf & _
             "{cf 0}  固定部分を見極めて、容易にコピー出来る形にしましょう。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 ""IF文""をうまく使う 】" & vbLf & _
             "{cf 2} [""IF文""って?]" & vbLf & _
             "{cf 0}  条件に対して、一致時・不一致時の処理に分ける事が出来ます。" & vbLf & _
             "  例) A1が70以上であれば○、未満であれば×は、" & vbLf & _
             "     =IF(A1>=70,""○"",""×"") となります。" & vbLf & _
             "{cf 2} [ エラーを回避するには ]" & vbLf & _
             "{cf 249}  =A1/B1{cf 0}という数式で{cf 249}B1セルが空白{cf 0}の場合は、{cf 249}#DIV/0!{cf 0}が発生します。" & vbLf & _
             "  あまりセンスが良いと言えないのでIF分で回避しましょう!。" & vbLf & _
             "  {cf 249}=IF(B1>0,A1/B1,""""){cf 0} でOK。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 便利な関数 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  ・SUMIF … 条件に一致した合計を計算。" & vbLf & _
             "  ・VLOOKUP … 条件に一致した項目を抽出。" & vbLf & _
             "  詳しくは、ヘルプ等にて。他にも多々有りますが・・・。"
    .Show
  
  End With

End Sub

【17】つづき
Excel  ぴかる  - 02/9/2(月) 21:25 -

引用なし
パスワード
   Sub 小技条件付き書式()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 条件によって書式変更するには? 》{ul 0}   "
    .Text = String(32, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 条件付き書式を使う 】" & vbLf & _
             "{cf 0} ・セルの値によって、書式設定する事が出来ます。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "  例1) 100以上で赤字にする。" & vbLf & _
             "      セルの値が 100以上 赤字に設定" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "  例2) A1セルが空白ならで白字にする。" & vbLf & _
             "      数式が =$A$1="""" 白字に設定" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             " ・条件設定は、3つまで可能です。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}非常に便利な機能です。さあ、使ってみよう!"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技入力規則()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 入力規則をうまく活用するには? 》{ul 0}   "
    .Text = String(32, " ")

    .Labels(1).Text = "{ul 1}{cf 2}データ→入力規則の使用例紹介{ul 0}" & vbLf & _
             ""
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 リスト機能 】" & vbLf & _
             "{cf 0} ・手入力ではなくリストから簡易入力する事が出来ます。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "  {ul 1}例) 取引先社名をリストから入力する。{ul 0}" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "    1. 取引先社名リストを入力シート内に作成する。" & vbLf & _
             "     (少し外れた所に1列にて作成の事!)" & vbLf & _
             "    2. データ→入力規則を選択する。" & vbLf & _
             "    3. 入力値の種類をリストにする。" & vbLf & _
             "    4. 元の値を取引先社名リストセルに合わせる。" & vbLf & _
             "    5. [OK]をクリックにて完了。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 整数 】" & vbLf & _
             "{cf 0} 数値入力固定箇所に用います。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 入力時メッセージ 】" & vbLf & _
             "{cf 0} 特定のセルに合わせた時にコメント表示が出来ます。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}非常に便利な機能です。さあ、使ってみよう!"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技セルの保護()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 セルの保護を活用するには、 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 数式部に保護をかけ、データ部のみ入力可にするには 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  1.行列部左上角クリックもしくは、[Ctrl]+[A]にて全セル選択とする。" & vbLf & _
             "  2.セルの書式設定→保護→ロックのチェックを外す。" & vbLf & _
             "  3.保護をしたい部分(数式部)を選択する。。" & vbLf & _
             "  4.セルの書式設定→保護→ロックにチェックを入れる。" & vbLf & _
             "  5.ツール→保護→シートの保護を行う。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}数式の多い入力シートに使うと安心です。"
    .Show
  
  End With

End Sub
Sub 小技データベース()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 データベースを活用するには 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 データベースって? 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  データベースとは、{cf 249}最上段に各種項目{cf 0}があり以下{cf 249}下段は全てデータ{cf 0}で" & vbLf & _
             "  構成されているものをいいます。" & vbLf & _
             "   例)在庫管理台帳" & vbLf & _
             "     品名  型式 単価  在庫数  合計" & vbLf & _
             "     ビデオ  A-1  8,000   5   40,000" & vbLf & _
             "     ビデオ  A-2  9,000   3   27,000 " & vbLf & _
             "     テレビ  B-1  20,000   7  140,000" & vbLf & _
             "     テレビ  B-2  50,000   2  100,000" & vbLf & _
             "     カメラ  C-1  30,000   3   60,000" & vbLf & _
             "     カメラ  C-2  50,000   3   15,000"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 オートフィルタ機能 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  抽出したい項目のみを表示することが出来ます。" & vbLf & _
             "   例)テレビのみ、単価10,000以上等の表示切替等" & vbLf & _
             "     オプション機能も充実しており、いろんな事が可能です。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 集計機能 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  データベース表示に各項目の合計等を追加表示出来ます。" & vbLf & _
             "  アウトライン(行表示切替)も自動で形成されます。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 ピボットテーブル 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  集計したい条件を配置して、各種集計(合計・平均・個数等)出来ます。" & vbLf & _
             "  非常に便利な機能です。ヘルプ・書籍等を参考にして下さい。"
    .Labels(5).Text = "{cf 252}【 データベース関数 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  演算条件を作成し、合計・個数等を求めることが出来ます。" & vbLf & _
             "  少し難しい関数です。ヘルプ・書籍等を参考にして下さい。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}業務で集計をされている方は、是非ともこの機能を使ってみて下さい!"
    .Show
  
  End With

End Sub

【18】つづきのつづき
Excel  ぴかる  - 02/9/2(月) 21:25 -

引用なし
パスワード
   Sub 小技マクロ()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 マクロ 》{ul 0}   "
    .Text = String(45, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 マクロって? 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  マクロとは、通常手動で行っている操作を自動で行うプログラムのことです。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 どういう時に使うと便利? 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  毎日、ひとつのブックで同じ操作を行っている項目があると思います。" & vbLf & _
             "  例えば、データのクリア・印刷等です。このような操作をもっと容易に" & vbLf & _
             "  行いたいと思った方は、是非ともマクロを使うべきです。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 どうやって作るの? 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  マクロの記録という非常に便利な機能があります。これは、実際の操作を" & vbLf & _
             "  自動的にプログラム化してくれる機能です。マクロって難しいそうと思う" & vbLf & _
             "  前にやってみましょう。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 マクロボタンを作ってみよう! 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  それでは、シート上にボタンを設置してマクロを登録してみましょう。" & vbLf & _
             "   1.マクロ化したい操作をまとめる。" & vbLf & _
             "   2.ツールバー右の方のボタンをクリックしてシート上に設置する。" & vbLf & _
             "   3.マクロの登録にて記録をオンにする。" & vbLf & _
             "   4.実際の操作を行う。" & vbLf & _
             "   5.ツールバーのボタン2個右横の記録終了をオンにする。" & vbLf & _
             "   6.マクロボタンを押して、動作を確認する。"
    .Labels(5).Text = "{cf 252}【 マクロを編集するには? 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  ツールバー右端のVisual Basic Editorにて編集が出来ます。" & vbLf & _
             "  詳しい内容は、書籍等を参考にして下さい。" & vbLf & _
             "" & vbLf & _
             "{cf 2}興味を持たれた方は、トライしてみましょう!"
    .Show
  
  End With

End Sub

Sub 小技おまけ()

  With Assistant.NewBalloon
    .BalloonType = msoBalloonTypeBullets
    .Icon = msoIconTip
    .Button = msoButtonSetOK
    .Heading = "{ul 1}{cf 1}《 おまけ 》{ul 0}   "
    .Text = String(40, " ")

    .Labels(1).Text = "{cf 252}【 折れ線グラフの数値の無い部分をつなぐには? 】" & vbLf & _
             "{cf 0}  データ空白部を{cf 249}#N/A{cf 0}にすると直線でつなぐことが出来ます。"
    .Labels(2).Text = "{cf 252}【 オプションの表示切替機能 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  [行列番号][スクロールバー ][枠線][シート名][0表示]等の" & vbLf & _
             "  表示切替が、可能です。見栄えにこだわる方にお勧めです。"
    .Labels(3).Text = "{cf 252}【 検索機能 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  [編集]→[検索]" & vbLf & _
             "  検索したい文字入力にて同シート内での検索が可能となります。"
    .Labels(4).Text = "{cf 252}【 置換機能 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  [編集]→[置換] … 選択範囲において" & vbLf & _
             "  変更前の文字と変更後の文字入力にて置換が可能となります。" & vbLf & _
             "   [A1→B1]  検索文字…A  置換文字…B" & vbLf & _
             "   [A_A→AA]  検索文字…_  置換文字…無" & vbLf & _
             "     {cf 249}↑スペースの削除{cf 0} "
    .Labels(5).Text = "{cf 252}【 文字列を任意位置にて分割するには 】{cf 0}" & vbLf & _
             "  [データ]→[区切り位置]→[スペースによって・・・]を選択。" & vbLf & _
             "  分割したい位置をマウスにて区切って実行すると分割されます。" & vbLf & _
             "  右セルは空白である事とします。 "
    .Show
  
  End With

End Sub

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
107 / 107 ツリー ←次へ
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.8 is Free